Break

ちっちゃな、ひきこもりの自助会(奈良・大阪)

次回は2/20(水)、「第五回 #ひきこもり図書館」です。こっそり柏原市立国分図書館でやります。 詳細
※サイトのリニューアルに時間がかかっており、一部の記事をご覧になれなかったり、デザインの崩れがあります。解消まで少し日にちがかかります(2/14)

【寄稿】本を読んでいますか?

2月の開催予定:13(水)、15(金)、17(日)、20(水)、24(日)、その他

f:id:degarashitan:20190128062907p:plain

written by アップル

「人生を無駄にしている」という思いが、常に心の底に横たわっています。
「その日その日を無駄に切って捨てている」という感覚を心のどこかに持っています。
そんな、ひきこもりの私ですが読書をしている間は、この空虚感から解放されます。
小説に感情移を入したり、歴史関連の書物を読んで空想にふけります。

高校生の時、不登校をしていた時期がありました。
なぜ自分が学校へ行くことが出来ないのか、その原因がどこにあるのか分かりませんでした。
深い苦しみの中にいた私は、心理系の書物を読みあさりました。
書かれていた内容は、自分の状況と驚くほど一致していました。
精神分析学の存在すら知らなかった私は、この学問の奥行きの広さに衝撃を受けます。
絶望、怒り、希望、探求心・・・。
様々な感情が湧きあがりました。
当初は、主に知識や情報が欲しくて読み進めていましたが、しだいに読むことが癒しになっていきました。
心理系の書物を読む習慣は3年ほど続きました。
しかし、その後は興味の対象が別のものに向かっていったので、しだいに本からは離れていきました。

数年後、恋人との出会いをきっかけに、私の人生は大きく変化していきます。
今まで抑え込んできた私の心が息を吹き返しました。
同時に芸術に関心を持つようになります。
その一つが読書でした。小説・ノンフィクション・社会学・政治学・哲学etc....。
興味の向くままに、たくさんの本を読みました。
「心が呼応する」という感覚を初めて味わいました。
過去の自分は何を感じていて、本当は何を望んでいたのか。
そして今、何を思い、どうなりたいのか。
深層心理の自分と本を通して対話をしました。

現在は当時ほどの熱意はなくなりましたが、読書は生活の一部になっています。

 

この記事は、アップルさんよりご寄稿いただきました。

アップル
性別:男性
性格:人嫌い。だけど人が好き。
趣味:読書・鉄道研究
好きな食べ物:王寺ラーメン

 

面白そう、書いてやるぞと思われたかたは、気軽にお声かけ下さい。
世話人がゴリ押しすることはありません。
Breakの集まりいずれかに、二回以上いらしたかた対象です。(1/27 - 詳細

文頭

    今月の開催予定
  • 2/13(水) 第五回 ベテランの集い
  • 2/15(金) 第五回 シャイ専用
  • 2/17(日) 第二回 スモールビジネスなんて考えてみるとか
  • 2/20(水) 第五回 #ひきこもり図書館
  • 2/24(日) 第五回 だべるだけ
  • 気まぐれ 第一回 #ひきこもりカフェ

み る