Break

フードコートやカフェ、図書館でやってる、ちっちゃな、ひきこもりの自助会(奈良・大阪)

【寄稿】そして彼はいなくなった…?

8月の開催予定:4(日)、5(月)、7(水)、13(火)、16(金)、25(日)、28(水)、29(木)ほか。

目印のミニチュアの椅子が新しくなりました(8/15)

f:id:degarashitan:20190520114502j:plain

written by 荒野の青二才

時折、電源がコンセントから外れてしまったように、全てに対して1ミリも関心意欲が持てなくなる、無気力の底なし沼の存在を感じ取る。

そうした不安に抗うために、感じたこと考えたことを整理するために、この場をお借りして書いてみたいと思います。

まずは1つだけ、少し私的な思い出話を。

丸山さん(仮名)という、陰では“丸ちゃん”と呼ばれていた同じクラスの女の子がいた。彼女は制服のスカート丈を短くするような女子生徒たちと比べると、かなり地味で教室の中では浮いた存在だった。

というのも、彼女には任務があったからだ。毎回授業終了後、汚れた黒板をキレイにするという。もちろん日直のような当番だったわけではなく、あくまで彼女が自発的に。

「丸ちゃんまたやってるわ~」

教室のあちらこちらから失笑がこだまする。

そのとき僕はどうしていたのか?

同じだった。

他のクラスメイトと一緒になって。

そうだったんだ。

孤立から抗うために、自分の居場所を自らの手でつくり出すために、たとえどんなに小さなことでもみんなの役に立つことをする。それが彼女にとっての「黒板消し」だったのだと今なら思える。

このことがフラッシュバックするたびに、そんな勇気ある行動を平気で笑えてしまえていた、当時の自分自身のあまりのゲスっぷりに、軽い絶望感が襲ってくる。

「オマエハ ソウイウ ニンゲン ダッタ ノダ」

止めを刺すように無力感がささやく。

もしタイムマシンに乗って、当時の自分を目の前にできるのなら殴りつけたい。顔面の原型がわからなくなるぐらい、ただ殴り続けていたい。

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーーーッ!!

『ジョジョの奇妙な冒険』のスタープラチナみたいに。

これはひきこもり以前の記憶のほんの断片だ。同様の似た記憶がいくつも地雷のように眠っていて、波状攻撃のチャンスを狙っている。

何故だかそれはシャワーを浴びるときによく襲ってくる。そしてそれを必死で打ち消そうと、声が漏れてしまう。

自分の精神状態が比較的落ち着いているとき、そんな声に耳を澄ませてみると、動物っぽい呻き声がしていた。もっと言うと、なんだか熊っぽい。熊っぽいけど、別のなにかみたいな。

そんなスッキリしない残尿感を抱えながら

たまたまスターウォーズを見ていると、

「ヴ~~~」

あれ?どっかで聞いたような…

膝を打つ。

熊っぽい熊じゃない奴とは、ハリソンフォード演じるハンソロの相棒チューバッカだった。

記憶の怪物にチューバッカという名前を与えて以来、彼に対しての敵対心は徐々に目減りしたような気がして、「おはよう」と挨拶するような心境にさえいつの間にか変化していく。そして彼は浴室にあまり顔を出さなくなってきた。

(追伸) 僕のスマホだと「チューバッカ」を入力しようとすると「💋ばっか」が予測変換で出てくる……

この文章は、荒野の青二才さんよりご寄稿いただきました。

面白そう、書いてみたいと思われたかたは世話人に気軽にお声かけ下さい。Breakの集まりいずれかに、二回以上いらしたかた対象です。(1/27 - 詳細

今月の開催予定 (8/7更新)

9~12月の開催予定 (8/17更新)
9/2(月) 第3回 ベテランの集い・守口市
9/8(日) KHJ奈良わかくさの会(ひきこもり家族会)に、いってみる PART-5
9/10(火) 第13回 シャイ専用
9/13(金) 第12回 ベテランの集い
9/18(水) 第12回 #ひきこもり図書館
9/22(日) 第12回 だべるだけ
9/27(金) 無業の会
続きははこちら⇒

目印のミニチュアの椅子が新しくなりました(8/15)