Break

ちっちゃな、ひきこもりの自助会(奈良・大阪)

1/25(水) 奈良市・ねどこ|フルマラソンもこれで!2,000円で作るシンプルかつ最強の健康サンダル【ごろごろごろ・ワークショップ】
※ワークショップ不参加でいつもの「ごろごろごろ」として参加もあり。

開催予定  Twitter  Line  Zoom  Discord

まんまのこと

平日、だいたい開いていている居場所。
誰もが気軽に利用できるコミュニティスペース。
一人でのんびりすごしたり、誰かとお話したり、美味しいものを一緒に食べたり、いろんなことを学びあったり。

予定と近況

ふらっと通信

2023年2月号

2023年1月号

最新号とバックナンバー

14か月分がこちらにアップされています≫

facebook

集まり(一部)

毎月開催の集まりをぜんぶ載せる予定です。(12/4)

あなたのまんま

f:id:degarashitan:20220308054543j:plain

毎月第2金曜と第4月曜
10:00~14:00
実施団体:ハーハース、まんまの会

ひきこもりの若者や、生きづらさを抱える方の居場所

概ね18歳~50歳の、ひきこもりの若者や、生きづらさを抱える方を対象とする集まり。
おしゃべり、卓球、ボードゲーム、オンラインゲーム、さんぽ、遠足などがあり、基本的に自由に過ごせる居場所です。
参加者は、日によってまちまちですが、当事者10人と、同じぐらいの人数のお母さん世代のボランティア、合わせて20人ぐらい。
当事者は男性が多めの傾向。
14:00以降も、まんまが閉まる17:00まで残れます。

同日同時刻、「ねどこ」でも実施。
こちらは、初参加で馴染めない、大人数は苦手という方などに利用していただくために。

また、団地内で便利屋を実施、チラシ配りや軽作業といった仕事があります。
当事者が働いた場合、わずかながら賃金が出ます。
ならコープで週に1時間だけ働くという機会も。

奈良県『生きづらさを感じる子ども・若者のための支援機関ガイド』(令和3年度作成版)
 ┗ 若者のための居場所「あなたのまんま」(PDF)

外へ出れるようになったひきこもりの人達に、ゆるく社会と繋がってもらう「居場所」を目指しています。様々な人と安心して出会え、色々な経験が出来る場です。 (上記『支援ガイド』より)

  • ハートハース…奈良YMCA内のボランティア団体
  • まんまの会…ハートハースさん単独、または奈良市社会福祉協議会さんと共催した「ひきこもりサポーター養成講座」を修了された皆さまのうちの有志が作られた団体。

初回のみ、前日までに鳥見ふらっとにご連絡ください(土日祝を除く9時~17時)。

もりもりキッチン

毎月第4土曜日
9:30~15:30ごろ
 ┗ 調理と後片付けを含めた時間。カレーが食べられるのは、11:40~13:00ぐらいで、無くなれば早めに閉店です。
実施団体:もりもりキッチン

鳥ミンチカレーが300円、調理希望あり

6年前に始まった、地域のおばちゃん×ひきこもりがちな若者サポーターとが一緒に運営する月一回の地域食堂。
鶏ミンチのとても食べやすい特製カレーです。
毎回50食以上を作ります。

  • 300円で、カレー以外にお味噌汁とお菓子またはデザート。(コロナ対応メニューです。以前はカレーに手作りの小鉢が2品とデザートが付きました。)
  • 住民かどうかに関わらず参加できます。
  • カレーを食べるのも作るのも事前予約は不要。
  • 調理希望の方、活動に関心のある方も、まずは食べに来ていただき、スタッフの方にお声がけください。初回は調理していただけません。(6月より事前連絡不要になりました。)
  • 若者サポーターは、「まんま」で月2回開かれている生きづらさを抱える方の集まり「あなたのまんま」を利用されている方のほか、「ねどこ」で集まっている5つのグループにご参加の方が多いです。20歳前後~50代の男女で、5~10人ぐらい。

もっとくわしく、まんまって?

平日朝~夕あけっぱなし

平日(祝日をのぞく)
9:00~17:00

鳥見ふらっとの入口をはいってすぐの「まんま」は、誰もが利用できるコミュニティスペース。
団地の住人かどうかは関係ありません。
誰に断ることなく、ふらっと来て、ふらっと帰れます。

※「もりもりキッチン」をのぞき、現在はコロナ対策で食べるのは禁止となっています。飲みものはOK。

※「まんま」は有料でイベントや会議に貸し出される場合があります。それらは「ふらっと通信」の予定には載っていません。また、いつ申し込みがあるのか、使われるのか、公表されていないので、Breakの世話人は把握できず、カレンダーに反映させることが出来ません。ただ、貸し出しはたまにです。念のため、向かう前に開いているか電話で聞いてみるのもあり。

地域の居場所

2015年、旧鳥見幼稚園をみんなでDIYしてつくった地域の居場所。
地域の人々を中心に、子どもからお年寄りまで、人と人とがゆるやかにつながっていける場所をめざしています。

名前の意味

その人それぞれの「まんま」の姿で自然にゆるやかにつながっていける、気軽に通える地域の場になればという願いをこめて。

「ありのままの自分でいいよね」「そのまんまで生きてる価値があるよね」という意味をこめて。

ごはんの「まんま」。
つまり「食べることを通じて人が出会える場」という意味もあります。

まんまの6年間と、これからと

「まんま」の6年間の取り組みをまとめた『まんま本』(2021/3/31発行)より抜粋しました。

まんまができるまで:いちいちいちいち一緒につくろう

「住民が地域福祉の担い手となり、お互いを受け止め合える場がほしい」という声。
たとえるなら、顔なじみの店主がいて、気が向いた時にふらっと足を運べる喫茶店のような。
福祉サービスでは担いきれないところや、表しきれない気持ちを場に落としこんでいく。

求められていたのは、一人ひとりが「自分の居場所」だと感じられる場づくりでした。

まんまができてから:ごちゃまぜの輪を広げる

色々な人が関わることで、まんまに”ごちゃまぜ感”が生まれていきます。
地元のみなさんが『野菜市』でとれたて野菜を販売すると、じいちゃんばあちゃんが来るように。
社会の中でしんどさを抱えるひきこもりの人たちが、自分を受け止めてくれる人たちと対話する『あなたのまんま』に参加したり。
窓ガラスの向こうには、学校帰りの小学生たち。
ごろんと転がってゲームするひとときを心待ちにしているみたい。
「ここめっちゃええやん」と園児を連れたお母さん。
ぼくが「一緒に協力してくれへん?」とお願いすると、運営のボランティアである『ぼちぼちさん』に仲間入りしてくれました。

まんまの今:未完成のまんまで

2015年にまんまをつくる時、ほとんど図面を描かなかったんです。
というのも、建築のデザイン性よりも、色々な人が関われる「すきまの設計」が大切だと思ったから。
みんなでDIYしてつくったから、それぞれが必要に応じて空間をアップデートしていけます。

まんまのこれから:「おたがいちゃん」で、生かし合う

勝ち負けではなく、(食品の寄付と配布を行う)『おたがいちゃん』のように生かし合う関係が大切だと思うし、そういうみんなの居場所をあちこちに増やしていきたいですね。

誰が管理しているの?

f:id:degarashitan:20220308064641p:plain

奈良市社会福祉協議会です。
ちなみに、Breakでお誘いしている「集いば いっぽ~」奈良県社会福祉協議会の運営です。

社会福祉協議会
地域福祉の推進を図ることを目的とする非営利民間団体で、社会福祉法が設立の根拠になっている。前身組織を含めると戦前からあり、都道府県、政令指定都市、市町村ごとに事業展開している。運営資金が行政から出ていることが多い。独自プロジェクトのほか、行政からの委託事業を請け負ったり、行政と福祉事業者と住民の橋渡し的な役割も担っている。地方行政の別働部隊のようなイメージを持たれているかたが多いかも。(全国社会福祉協議会Wikipedia

誰が運営しているの?

それぞれのイベントによります。

1月の開催予定 (1/20更新) | 

     Discord
  • テスト運用中。(2022/6/24)

コロナに対する活動方針

新型コロナウイルスに対する当面の活動方針(2022/7/12)

最新情報はツイッターをご覧ください。特に集まりがある日は頻繁に更新しています。
 予定更新はトップページ上部のリストよりもGoogleカレンダーの方が早いです。