Break

ちっちゃな、ひきこもりの自助会(奈良・大阪)

予定詳細:1/8(土)|KHJ奈良わかくさの会・定例会

お知らせ
最新情報はツイッターをご覧ください。

f:id:degarashitan:20200902204219j:plain

全国で一番知られている、ひきこもりの家族会・KHJ、その奈良支部の月一回の集まり。
12月は講演会で、定例会は2か月ぶりです。
久々に二次会あり。
目下コロナは底を打った状態ですが、ご参加は各自の判断にて無理のないようお願いいたします。
Breakと、わかくさの会はゆるい協力関係にあります。

日時、場所

f:id:degarashitan:20191212152211j:plain

f:id:degarashitan:20191212152022j:plain

1/8(土) 13:30~16:00(受付 13:00~、たいてい17時まで延長)
はぐくみセンター(1F 会議室)
※二次会は「ガスト奈良三条店」で。

[電車]
JR奈良駅・西口から南(大阪・天王寺方面)へ線路沿いに徒歩3分。

[車]
センター東側のJR高架下。「はぐくみセンター駐車場」の看板があります。センター利用者は3時間以内が無料。3時間を超えると1時間ごとに300円など。駐車券を窓口にお持ちください。無料券を受け取れます。(詳細)

MAP:奈良市三条本町13-1

道順

f:id:degarashitan:20211106114719j:plain

JR奈良駅の一つしかない改札のすぐ横にセブンイレブン。その向こうのドアから出ます。

f:id:degarashitan:20211106114502j:plain

ドアを出たら歩道橋、左手に階段があります。地上に降りてまっすぐ線路沿いをいきます。

f:id:degarashitan:20211106114659j:plain

大通りの手前に特徴的な建物、それです。

f:id:degarashitan:20211106115026j:plain

玄関を入ったらすぐに掲示板、そこに載っています。

f:id:degarashitan:20211106114540j:plain

まっすぐ一番奥までいくと右手に会議室があります。

家族会にお誘いするわけ

f:id:degarashitan:20211211221643p:plain

家族会との出会い

2019/3/10の「ひきこもり つながる かんがえる 対話交流会(つな・かん) in 奈良」の会場で、主催された「KHJ奈良わかくさの会」のかたから、定例会のお誘いを受けました。
小さな集まりだが、ひきこもりのお子さんを抱えるご家族に、当事者の意見を聞かせて欲しいと…。

KHJ奈良わかくさの会とは?
ひきこもりの家族会の全国組織として知られる「KHJ全国ひきこもり家族会」の奈良支部。
定例会は、ほぼ毎月開催されています。

こんな感じ

柔らかい雰囲気の中、近況報告や新規でいらしたご家族の悩みをじっくり聞きます。
皆さんで意見を述べ合います。
これが一つのパターンです。
ご家族の発散の場でもあります。

基調は、ひきこもりに対してやさしいです。
理解があります。

参加者は、通常であれば10~20人以上。
ご家族は、お母さんが多いです。
ひきこもり当事者・経験者は5,6人。
20~50代の男女で、Breakにいらしたことがあるかたが多いです。

「奈良わかくさの会」のHPは再開準備中。

なぜ当事者・経験者に来てもらいたいのか

ご家族は、ご自分のお子さん、ごきょうだいの気持ちが分かりかねるため、当事者・経験者の意見を聞きたがってらっしゃいます。
当事者の発言が、ご家族の焦りや不安を和らげたり、お子さんに対してより妥当な接し方につながることがあるようです。

ひきこもる理由はひとそれぞれ。
当事者・経験者だからといって、うまい具合にお子さんの気持ちや欲求を言い当てられるとは限りません。
しかし、一方で当事者心理というのものがあるように思います。
当事者だからこそ容易に想像がつくことがあり、それは一定の説得力を持ちます。

ひきこもっていたいかた、歓迎

ご家族は、当事者・経験者のことばを、お子さんやごきょうだい、パートナーについて考えるときや接するさいの参考にしたいと思ってらっしゃいます。
しかし、どんな言葉が参考になるか、ご家族の心に響くかは分かりません。
共通点の多いかたから聞きたいという思いもおありでしょう。
そうすると、場としては、いろんなひきこもりの理由、経歴、お考えの当事者・経験者にいらしていただくことが有益といえます。

このことは、当事者・経験者にとって、行きやすい場ということになります。

ひきこもりの期間、程度、理由、年齢、性別は関係ありません。
ひきこもっていたいかた、抜け出したいかた、どちらでも構いません。

親なんてウザイだけ、お金だけくれればそれでいいと発言したところで、頭ごなしに否定されたりはしません。
怒りの気持ちも、不安な気持ちも、優しい気持ちも、ご家族は本音が聞きたい。
どうしてそういう気持ちになるのか、説明してもらいたいと思ってらっしゃいます。

※ご自分が、ひきこもりに当てはまるかどうか微妙に思われるかたは、こちらの「ひきこもり状態の定義」をご覧ください。
(KHJ全国ひきこもり家族会「平成29年度ひきこもりに関する全国実態アンケート調査の報告」)

当事者・経験者にとってのメリット

私たちはボランティアの気持ちで参加すべきなのか?
いえいえ、このようなメリットが考えられます。

  • 普段は、ひきこもりの意見など取るに足らない戯言と頭ごなしに否定されがちでも、ここではそうではありません。
    当事者・経験者の意見や想いは、いらっしゃるご家族にとっては貴重なアドバイス。
    ご自分の経験が活かされます。
  • ここにいらっしゃるご家族は、どちらかといえば、当事者・経験者に理解があります。
    どうにもならない焦りや苦しみを、受け止めてくださるご家族が多いように思います。
  • どこの自助会でもわりあい軽い話になりがちですが、ここでは思い余って泣かれるご家族もいらっしゃいます。
    真剣な話をしたいとか、真面目な性格で自助会の雰囲気に馴染めないというかたは、家族会は向いているかもしれません。
    8050問題は共通の話題としてピッタリです。
    聴いているだけでも構いません。
  • 実は、この会の代表のかたや、よくいらっしゃるご参加者の中には、福祉関係のプロがいます。
    ハローワークやサポステの職員さんというような。
    気軽に質問したり、相談にのっていただくのはあり。
    履歴書の空白を埋めるテクニックなんかも、きけば教えてもらえるでしょう。

    一次会でチャンスがなければ二次会で。
    経験上、そういうかたに不信感があっても、たぶん大丈夫かと。
    業務ではなく、ボランティアで開いてらっしゃる、来てらっしゃるような方々なので。
  • あまり難しく考えず、居場所のひとつとして利用するのもあり。二次会はざっくばらんな場でだし、三次会は評判のラーメンにいったり呑みにいったりしていました。二次会、三次会を楽しみに、そこからいらっしゃるかたも。

当事者・経験者にとっても居心地のよい場に

当事者・経験者に来ていただく以上、当事者・経験者にとっても居心地のよい場にと思っています。
わかくさの会の代表のかたお二人と、Breakの世話人はそのあたりを考えて、ときおり意見交換をしています。

www.break.nara.jp

二次会はガストで

f:id:degarashitan:20200924053814j:plain

f:id:degarashitan:20211211215750p:plain

17:30ごろ~19:30
ガスト 奈良三条店
MAP:奈良市下三条町31-1ルートマップ

感染状況が落ち着いているため、久々に二次会をさせていただこうと思います(二次会はBreakの世話人担当です)。
11月の定例会は、会としての二次会はなしでしたが、5人でガストに行きました。
今回も同じ店で。
「はぐくみセンター」から徒歩10分。
久々の二次会で、何人ぐらいいらっしゃるのか分からないので予約をとりません。
バラバラにお座りいただくことになるかもしれません。
ご了承ください。
※感染状況によっては、会としての二次会はなしにさせていただきます。

事前連絡不要、無料

f:id:degarashitan:20191021132522j:plain

Breakでいったん集まったりせず、各々直接向かいます。
いついらしても、お帰りになっても構いません。
当事者・経験者等は無料(それ以外のかたは、年会費3,000円、スポット参加500円)。

二次会の机の上には手のひらサイズの模型の椅子。
見かけたらお声がけください。
二次会の飲食代は各自ご負担ください。

6月~7/6の開催予定 (6/24更新) | 

     Discord
  • テスト運用中。(2022/6/24)

コロナに対する活動方針

制作中。(6/24)

お知らせ
最新情報はツイッターをご覧ください。